【募集終了】挑戦したいコトをカタチにする「実践力強化セミナー」を開催します!

「挑戦したい」や「誰かと一緒にチャレンジしたい」という思いを、実践に結びつけるため、全国で地域と関わりながら様々な課題に挑戦している実践者の事例を紹介し、実践者と意見交換ができるセミナーを開催します。

自分が課題だと思っていることや、チャレンジしてみたいことを実践に結びつけるためには、何が必要で、どんなことからスタートしたらいいのか。

講師の取り組んでいる事例に学ぶことに加え、分野に限らず「こんなことが夢」「こんなことができたらいいな」という意見を交換をしましょう。

高校生から社会人まで、それぞれの立場で挑戦したいコトに意見を出し合いながら、実践するチカラを身につけることを応援します。

 

講師

 

長谷川 琢也 氏(ヤフー株式会社 CSR推進室 東北共創)

 

ITで被災地の生産者を元気にするため、ヤフーの社員として被災地の商品をWEBでプロモーションしている。震災後に、被災地の農産物や加工食品などをネットで販売する「復興デパートメント」を自ら企画提案したことがきっかけ。ITで人と地域の想いをつなぎ、地域に根差す事業をつくり、笑顔を生みだす仕組みづくりを目指す。

 

 

楠木 重範 氏(チャイルド・ケモ・クリニック 院長)

小児がんを専門とした小児科医。

自らも中学2年生で小児がんを経験した。小児がんの医療制度や治療環境整備の不足感が、自らの闘病中と変わっていないことに疑問を持つ。たくさんの人からの支援の下、日本初の小児がん治療施設「チャイルド・ケモ・ハウス」を神戸市に建設し、クリニックを併設させた。患者の家族と協力しながら、家族ごと支える医療を目指して活動している。

 

 

中崎 ひとみ 氏(社会福祉法人共生シンフォニー 常務理事)

シングルマザーや障がい者などの就労困難者が、一緒に働ける場所「ソーシャルファーム」や「社会的事業所」を拡げる活動をしている。本人も重度の障がいを持つ息子を持ったシングルマザーであり、障がい者作業所の現実を知り、経営改革を図る。「お金」優先で厳しい競争が強いられる社会で、「生きにくい人達」が支えあって働く場をつくり、日本から就労困難者をなくすことを目指す。

 

 

 

日時

平成30年10月13日(土) 14:00~16:00

場所

いわき産業創造館 企画展示ホールB(いわき市平字田町120ラトブ6F

内容

第一部:実践者の取組紹介

第二部:実践者との意見交換

定員

30名(申込順)

申込方法

メールの場合

件名に「セミナー受講希望」と記載頂き、本文に「氏名」「年齢」「連絡先(電話番号)」を記載して、以下のメールアドレスまで送信してください。

haryu@iwakicci.or.jp

LINEの場合

QRコードもしくはURLから「いわきアカデミア」のページに移動して頂き、友達登録(フォロー)の上、トークから「セミナー受講希望」と記載頂き、続いて「氏名」「年齢」「連絡先(電話番号)」を送信してください。

 

 

 

URL:http://line.me/R/ti/p/%40jww6507g

お問合せ

いわき商工会議所 企画総務部 企画課

TEL:0246-25-9151 FAX:0246-25-9155